So-net無料ブログ作成
検索選択

海はなかった [思い出話]

「海はなかった」て合唱曲の話を、昨日ツイッターにちょこっと書きました。

これは私がまだ中学1年生の時に、合唱部でやって第一印象、へんな歌!と思ったものです。

最初はパート練習でアルト部分のみを歌ったので、そのような印象となりました。女声合唱ではアルトは下支えになるので、どうしてもベースラインのような低音の連続の、それ単体ではびみょーなメロディになりがち。なおかつ、そのまま読んではまるで意味不明の歌詞、それを分断して入るアルトパート・・

けれど、3パート合わさった時、その印象はがらりと変わりました。絶妙な掛け合いとハーモニーの美しさ。

今思うと、多人数で歌う合唱の醍醐味とでもいうもの?を、初めて体感したのがこの曲だったのかもしれません。

だからかな、数多ある曲で、ひときわ強烈な印象を私のなかに残してる。

だいたいあの前奏。狂気的な。そのすぐあとに、あの胸締め付けられるような旋律。

そのどれひとつ、中学生の私には、まるで理解できぬまま歌ってたのだけどー・・・でも、ひかれた。わからないながらも、何かひきつけられるものを感じてたってことなのかな。

せつなくてもの悲しげで、なんともきれいな。その後、パート変えでソプラノにまわり、あの旋律を歌えるようになった。

だいたい曲名からして。海はなかった?ない?どういう事~?と思いましたが、当時はそう深く考えてみることはしなかったですねえ。 

 

昨日、近所の海沿いの道を歩いて、堤防へ出てみました。

001.JPG

まあまあキレイに見えますか?

一応、小魚も見えるし、そう汚いもんでもないですが・・・

ひと昔前は、ここからもけっこうなお魚が釣れたそうです。

今も、たま~にはいいサイズが釣れるようですが、釣り場とは言い難い場所。 

 

この写真の左方向90度の景色がこちら。

003.JPG

奥に見えるは金属ゴミの山なり。

さらにこの写真から左方向90度の風景がこれ・・

005.JPG

やはり産廃の山~と、重機。奥には工場のプラント。

海のそばに、これらがどどーんと出来て稼動してから、海がだめになったようです。

伊予鉄で2つ先の梅津寺駅前には昔、砂浜の海水浴場がありましたが、ずいぶん前に閉鎖されたそうです。海が汚れて泳げなくなったとか。湘南とかと変わらないレベルに見えるんですが、工場からの薬品とかがヤバイのか?よくはわかりませんが、今はだーれも泳いでません。 傍には、元海の家を改造したカフェがあります。

 

三津浜港から1時間程フェリーに乗れば着く離島の海は、こことは見違える程の美しさです。

エメラルドグリーンの海。沖縄の海みたいな透明度で、大きい魚もよく釣れるようです。

たぶん、この堤防からの海も、ひと昔前までは離島と同じだったのだろうなー、と。

海はあるけど、かつての姿じゃない。海はなかった、てそういうこと?

工場建てて得るもの失うもの、どちらも大きかったんでしょうねえ。

 

ここでもラストにこちらを。 

平松混声合唱団の素晴らしー演奏の動画https://www.youtube.com/watch?v=t0YwIKEGRoM

(余談ですが、私の昔の記事のリンクが荒らされてて、リンク先にいくとエロサイトになっとる・・・てのが何件も発生してるみたいで。ピンポイントでそういう侵入を図るやり方とかあるんですかねえ? 古い記事の晒しっ放しは碌なことにならぬかなあ~。なので、URLそのまま載せ)

ツイッターにも書いたが、在りし日の姿を失った海、海は国、さらには人の住む世界そのものを指し、鳥は人かな~と、今は想像力をかきたてられる歌詞を、そんなふうに解釈。

夏の旅人、は謎~。髪飾り、も。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。